中古ドメインは新規サイト立ち上げに有効?

中古ドメインがいまSEO対策に効果があるとして人気です。

ここでは中古ドメインとはどのようなものなのかみていきましょう。

中古のドメインって?

サイトを開設したいと思ったら、通常ドメインを取得しなければいけません。
大半は自分のサイトで最初に使われる新規ドメインとしての取得となります。
誰かが前に使っていた中古のドメイン、これも使うことができます。
これが中古と呼ばれている者です。
オールドとも言われていますが、更新期限が切れてしまって、所有者が既にいないドメインをいいます。
主にサブサイトに利用する際に使用することが多いでしょう。

中古の効果について

SEO対策効果が有るからこそお金を出してまで欲しい人が多いのです。
どのような効果が有るのかみてみましょう。
サイトを長期間、健全に運営していれば、そのサイトと、そしてドメインそのものもSEOの上では価値が高いことになります。
新規サイトで新しいドメインを使って開設しても実績がつくまで価値は出ません。
しかし新規サイトで中古のドメインを利用すれば最初から中古ドメイン効果で価値を持ったサイトを運営することができます。
中古から引き継げる情報は色々とあります。
中古ドメインはサイトなどから取得するのが良いでしょう。

引き継げるメリットの高い情報について


中古から引き継ぐことができるのはドメインの運用年数がまずあります。
これはドメインエイジと言ったりもしますが、ドメインエイジが長いということはそれだけで既に価値があります。
ドメインエイジが長ければGoogleはそのサイトは信頼できると判断するからです。
そしてドメインについている被リンクも引き継げます。
サイトを運営する上でドメインに被リンクを張っていくこと、それは通常ですが、ウェブマスターがサイト順位を考える際に、意図的にリンクを張ることや、ほかのウェブページから自然に被リンクされることもあります。
ドメインへの被リンクというのはこれが多ければ多いほどにサイトの評価になります。
ページランクも引き継がれますので、上位に表示させられていたページはそのまま引き継がれて上位検索結果として表示されます。

SEO対策に有効

メインサイトを使って開設をするには少しリスクが有ります。
しかしサブサイトやアフィリエイトサイト、被リンクサイトとしての利用ではメリットが大きく、SEO対策にも充分有効とされています。
メインで使わないのは、いつGoogle側が中古のドメイン対策を立てるかわからない点が有ること、そしてペナルティを受けていたサイトかもしれないという点でメインで使用するのはリスクが大きすぎるからです。

サブサイトのドメインとしてSEO対策を楽に行えるメリットとして有効です。

新着情報

◆2016/01/06
中古ドメインは新規サイト立ち上げに有効?の情報を更新しました。
◆2015/05/12
選び方についてを新規投稿しました。
◆2015/05/12
取得前にを新規投稿しました。
◆2015/05/12
取得のメリットを新規投稿しました。
◆2015/05/12
活用させる方法についてを新規投稿しました。