活用させる方法について

中古ドメインを手に入れても活用できなければ意味がありません。

ここではどのように活用していくのかみていきましょう。

メインサイトでは使用しない方がいい

活用するにあたって、メインサイト、メインブログでは使用しないほうがいいでしょう。
その理由は、ドメインに当たり外れがあるという点、中古ドメインは、メインサイト以外のサテライトサイトやサブサイトでの使用がいいでしょう。
もしペナルティを受けているサイトだったら、それを知らずに、一生懸命サイトを構築したのに、全然上位結果に表示されないということになり、時間と労力を無駄にしますので、無駄にしないためにも、メインサイトでは使用しないようにしましょう。

301リダイレクトでドメイン移管

301ダイレクトは転送をしてドメイン名を日本語に変えることができる仕組みです。
例えば以前海関係のサイトだったとして、seaといった言葉がドメインに入っていたとします。
それなのに、ビジネスサイトを新たに立ち上げて運営していると、そのサイトに来た利用者がこれは本当にネットビジネスについて書いてあるサイトなのかどうかわからなくなり混乱します。
その混乱を避けるために、中古を取得して、301転送で日本語のドメインに名前を移管するのです。
日本語のドメインにしたほうが利用者も混乱せずに済みますし、分かりやすいのでヒットしやすいというメリットも生まれます。

活用するにあたってのまとめ

中古のドメインを活用するに当たってのまとめですが、まず日本語で運営されたサイトを選ぶことです。
外国語のサイトでは効果があまり現れないとの結果が出ていますので、海外サイトより日本のサイトの中古を探しましょう。
被リンクは多すぎないものを選び、低品質リンクの割合は3割で抑えたいところです。
ドメイン名が明らかに何かに特化しているようなサイトは選びません。
これらを意識した上で手に入れて活用すれば、効果を実感できるでしょう。

リスクや目的などを理解した上で活用していきましょう。